SEO対策
沖原園芸  ~~何でも情報室~~ バラ講習会









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バラ講習会

今日はプロトリーフの上杉氏を講師に迎えてのバラ講習会を午前と午後2回にかけて開催しました。

どちらも会場キャパいっぱいのご参加で熱い講習会となりました。

DSC_3635.jpg

プロトリーフは園芸用土や肥料のメーカーですが、近年イングリッシュローズの生みの親デビッドオースチンロージズとのコラボレーションによりバラ関係の用土や肥料等を共同開発・商品化されています。
特に菌根菌入り有機元肥「ローズスタート」はストレスや病気に強いバラ作りに欠かせない存在として高い評価を受けています。

上杉氏はこれらの開発・商品化に携わるとともに、週末・祭日は年間を通して全国各地で講習会に招聘されています。

DSC_3637.jpg

講習内容はバラ作りの常識の真偽を解りやすく解説するとともに、実際に剪定や植え替えを実施しながら、ケースバイケースでの切り戻しの仕方、そうする理由や仕組みを非常に解りやすく解説されました。

参加されていた方達の「ウンウン 解る」というサイン(うなずき)が多い様からも皆さんにたくさんの「なるほど~~ 納得!!」を感じていただけたのが良く見て取れました。


お話の中で私も納得でウンウンと思ったのは「バラは枯れにくい易しい植物」というところ。

常識的には、バラは病気や虫の被害が多く栽培が難しい花だと思われています。

たしかに、うどん粉病や黒星病になりやすくアブラムシや葉ダニ、バラゾウムシ等の被害もありますが、それで枯れてしまうなんてことはほとんどありません。鉢植えの場合、枯れてしまう原因の9割以上が水やりの失敗。

植え込みに水はけと保水性のバランスの取れた良い培養土を使えば、水やりの失敗も少なくなります。

バラ栽培には憧れるけど難しいし手間がかかるからと諦めている方も多いかと思いますが、実はそれほど手間もかからないし、易しく栽培できるお花なんですね!!

イングリッシュローズの2010年最新作すべて入荷しています。
ちょっとお高いですが、それぞれ耐病性も高く、魅力的な品種です。

河本バラ園、デルバールのフレンチローズ大苗も多数入荷しています。



にほんブログ村 花ブログ 寄せ植え・ハンギングへ 広島ブログ
上のバナーをクリックしていただくと、それぞれのランキングページに移動しますが、その時同時にこのブログにポイントが入る仕組みになっています。(いずれも1日に1回だけ有効です
[ 2010/12/04 23:33 ] 講習会 | TB(0) | CM(2)

講習会すごく楽しかったです(^O^)
上杉さんも素敵でしたし何よりあの思い切りのいい剪定は目からウロコでした!いい機会をもうけていただいて感謝しています。
[ 2010/12/05 19:15 ] [ 編集 ]

時間をかなりオーバーしてしまいましたが、熱のこもった良い講習会でしたね。

講師の上杉氏の熱さを感じます。

参加された皆さんとっても満足いただけたようで良かったです。

来春もまた企画します。お楽しみに!

ありがとうございました。
[ 2010/12/07 01:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okiharaengei.blog7.fc2.com/tb.php/873-5def13e0








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。