SEO対策
沖原園芸  ~~何でも情報室~~ 夏野菜苗入荷します。









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏野菜苗入荷します。

週間予報を見ると今週は安定した暖かさが続くようです。
いよいよ今日から夏野菜を販売いたしますが、これなら霜対策も必要なく安心して栽培できそうですね。(瀬戸内沿岸部の話ですが・・)

本日の主な入荷品種です。

接ぎ木苗

虎太郎(赤中玉スイカ)、大文字3号(赤大玉スイカ)、庄屋長なす、黒陽なす、千両2号なす、サターントマト、ホーム桃太郎、ミニトマトアイコ、北進キュウリ、夏すずみキュウリ、プリンスメロン、金太郎うり

自根苗

瑞栄トマト、強力米寿トマト、ミニキャロル、庄屋長なす、黒陽なす、千両2号なす、北進キュウリ、ニューエースピーマン、京みどりピーマン、ししとう、甘とう美人、鷹の爪、栗えびす南京、伯爵南京、スィートコーン

ゴーヤやオクラ等寒さに極端に弱い野菜はもう少し先(中旬以降)になります。

接ぎ木苗と自根苗、値段は大きく違いますが、どこがどう違うかご存じですか?
接ぎ木苗は病気に強い、つまり連作も可能なのです。

植物には多かれ少なかれ、連作障害なるものがあります。
つまり昨年植え付けた同じ土地に同じ種類の野菜を植えると病気が出やすく、うまく育たない事が多くなります。そこで毎年植える野菜を替えれば良いことになりますが、困ったことに「トマト」、「ナス」、「ピーマン」これがすべてナス科なのです。ですので、作付け地のローテーションをしようにも、昨年トマトを植えた土地にナスを植えてもうまく育たないことになってしまいます。
そこで病気に強い接ぎ木苗の出番となるわけですね。

しかし、接ぎ木がしてあればどれでも同じように病気に強いかと言うと、そうはいきません。
台木に何が使われているか? これが大きく関係してきます。
実のところ作物の種子よりも接ぎ木の台木用の種子のほうが価格が高いものが多いのです。しかもそれぞれの作物に対し、最良の効果を発揮する台木というものは各生産メーカーが独自に開発研究し採用されています。
おのずとコストも高くなりがちになってしまいます。当店ではしっかりと吟味された台木を使用している契約栽培農家の苗のみを販売しています。

今話題のトマトベリーやスィートトマト等パテント品種は10日頃よりの入荷予定です。


↓ブログランキングに参加しています。皆さんの応援クリックが励みになります。よろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 寄せ植え・ハンギングへ広島ブログ
[ 2009/04/06 21:03 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okiharaengei.blog7.fc2.com/tb.php/279-508f6221








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。